コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三蹟/三跡 サンセキ

百科事典マイペディアの解説

三蹟【さんせき】

平安初期の三筆に対し,中期の3人の能書家,小野道風藤原佐理(すけまさ)・藤原行成をいう。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

さんせき【三蹟】

平安中期の能書家,小野道風藤原佐理(すけまさ),藤原行成(ゆきなり)の3人,またその書をさす。中国や日本では名数が好まれたが,書道のうえでも平安初期の嵯峨天皇橘逸勢(はやなり),空海が〈三筆〉と称され,〈三蹟〉はこれに対応する。三蹟の語は厳密には野蹟(道風),佐蹟(佐理),権蹟(行成),すなわち3人の筆蹟をいう言葉である。この3人を組み合わせた起源については諸説あるが,藤原道長邸に後一条天皇が行幸したとき,道長がこの3人の書蹟を合わせて献上したことによると近衛家熙(いえひろ)が述べている(《槐記》)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

三蹟
さんせき

平安時代の能書家、小野道風(おののとうふう)、藤原佐理(すけまさ)、藤原行成(ゆきなり)の3人を尊崇した呼称。三賢、三聖ともいい、空海、嵯峨(さが)天皇、橘逸勢(たちばなのはやなり)を「三筆」とよぶのと同式である。また、「野道風(やどうふう)筆跡」を縮めて野跡(やせき)、佐理を佐跡(させき)、行成を権跡(ごんせき)(極官が権大納言(ごんだいなごん))とそれぞれよぶが、三蹟の呼称の初見は江戸時代の貝原益軒(かいばらえきけん)編『和漢名数』である。ただし、道風・佐理・行成の3人の組合せは、すでに平安末期の藤原教長(のりなが)著『才葉抄(さいようしょう)』にみられる。貴重な名筆を今日に伝える三蹟の活躍により、和様書道は完成をみたといえよう。[久保木彰一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の三蹟/三跡の言及

【小野道風】より

…平安時代の名筆家。藤原佐理,藤原行成とともに〈三蹟〉の一人で,その筆跡を野蹟(やせき)と呼ぶ。小野葛絃(くずお)の子で篁(たかむら)の孫。…

※「三蹟/三跡」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

三蹟/三跡の関連キーワード小野道風(おののとうふう)春日井市道風記念館春日井(市)小松茂美藤原伊房世尊寺流藤原文化藤原定信藤原義孝馬場董水徳川光義藤木敦直行成様王羲之離洛帖上代様行成紙

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android