コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤永元作 ふじなが もとさく

1件 の用語解説(藤永元作の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤永元作 ふじなが-もとさく

1903-1973 昭和時代の水産学者。
明治36年1月16日生まれ。日本水産研究所長をへて,昭和24年水産庁調査研究部初代部長。クルマエビの生態を研究,その養殖技術の基礎をきずく。34年エビ養殖会社を設立して社長。日本くるまえび養殖協会会長。昭和48年9月12日死去。70歳。山口県出身。東京帝大卒。著作に「土と水と生命」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の藤永元作の言及

【養殖】より

…ブリ養殖はモジャコと呼ばれる天然種苗を使って行われているが,天然種苗を大量に確保することの困難なタイ類の養殖が始まったのはブリ養殖よりさらに遅れ,人工種苗の生産技術の確立した65年以降である。 クルマエビは最も商品価値の高い水産生物であるが,養殖できるようになったのは藤永元作の研究に負うところが大きい。彼は第2次大戦前にすでに孵化幼生から成エビまでの飼育実験に成功していたが,1960年に事業規模での養殖を香川県下の廃止塩田を利用して始めた。…

※「藤永元作」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

藤永元作の関連キーワード相川広秋雨宮育作伊谷以知二郎庵原順一今井丈夫田内森三郎武田志麻之輔檜山義夫松生義勝松井佳一

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

藤永元作の関連情報