コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤牧義夫 ふじまきよしお

百科事典マイペディアの解説

藤牧義夫【ふじまきよしお】

版画家。群馬県生れ。1930年より制作を始める。平塚運一著《版画の技法》に学んだ。1932年小野忠重らと新版画集団を結成。1933年帝展に初入選。東京の発展,変貌する風景をとらえた木版画を制作するが,24歳で行方不明となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤牧義夫 ふじまき-よしお

1911-? 昭和時代前期の版画家。
明治44年1月29日生まれ。平塚運一の「版画の技法」に触発されて木版画をはじめ,昭和6年春陽会展に出品。7年小野忠重らと新版画集団を結成。8年帝展に初入選。都市化する東京を鮮烈にえがく。墨絵「隅田川絵巻」を完成させたのち,昭和10年9月2日出奔し消息を絶った。群馬県出身。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

藤牧義夫の関連キーワード斎藤寅次郎清水宏五所平之助マキノ雅広小津安二郎エバハートキューカー島津保次郎スタンバーグ成瀬巳喜男

今日のキーワード

スタットコール

《statは、急を要するの意。「スタッドコール」とも》病院内での緊急召集。緊急事態発生時に、担当部署に関係なく手の空いている医師や看護師を呼び出すために用いる。→コードブルー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android