コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小野忠重 おのただしげ

百科事典マイペディアの解説

小野忠重【おのただしげ】

版画家。東京生れ。1924年頃から絵と版画を始め,本郷絵画研究所に学ぶ。プロレタリア美術展などに出品。1932年新版画集団を設立労働者や民衆の生活を題材にした作品が有名。1941年法政大学卒。版画史の研究家としても知られ,著書に《近代日本の版画》などがある。東京都に小野忠重版画館がある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小野忠重 おの-ただしげ

1909-1990 昭和時代の版画家。
明治42年1月19日生まれ。昭和7年新版画集団を設立。11年日本版画協会賞を受賞。戦後は東京国際版画ビエンナーレ展に連続出品した。版画史の研究家としても知られた。平成2年10月17日死去。81歳。東京出身。法大卒。代表作に「鳥の街」,著作に「近代日本の版画」「版画の青春」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android