コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤田喬平 ふじた きょうへい

3件 の用語解説(藤田喬平の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

藤田喬平

硝子工芸家。大正10年(1921)東京生。東美校卒。日本硝子工芸協会会長・千葉県美術会常任理事。芸術院会員文化勲章受賞。千葉県住。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤田喬平 ふじた-きょうへい

1921-2004 昭和-平成時代のガラス工芸家。
大正10年4月28日生まれ。岩田藤七にまなび,昭和24年独立。色ガラスに金ぱくを混ぜた飾筥(かざりばこ)で独自のガラス工芸分野を確立。50年のデンマークでの「全世界からのガラス展」をはじめ,国内外で活躍した。平成元年飾筥「春に舞う」で芸術院恩賜賞。芸術院会員。9年文化功労者。14年文化勲章。平成16年9月18日死去。83歳。東京出身。東京美術学校(現東京芸大)卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

藤田喬平
ふじたきょうへい

[生]1921.4.28. 東京,東京
[没]2004.9.18. 千葉
ガラス工芸家。日本のガラス工芸第一人者。1944年東京美術学校工芸科彫金部を卒業。1946年日展で鉄のオブジェ『波』が初入選。ガラス工芸に魅了され 1947年に岩田工芸硝子に入社したが 1年半で退社し,独立。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

藤田喬平の関連キーワード岩田久利植村泰忠(2)大野貢加藤金一郎古賀憲司相良亨篠原健治篠原儀治長岡毅西村孝次

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

藤田喬平の関連情報