コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤田喬平 ふじた きょうへい

美術人名辞典の解説

藤田喬平

硝子工芸家。大正10年(1921)東京生。東美校卒。日本硝子工芸協会会長・千葉県美術会常任理事。芸術院会員文化勲章受賞。千葉県住。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤田喬平 ふじた-きょうへい

1921-2004 昭和-平成時代のガラス工芸家。
大正10年4月28日生まれ。岩田藤七にまなび,昭和24年独立。色ガラスに金ぱくを混ぜた飾筥(かざりばこ)で独自のガラス工芸分野を確立。50年のデンマークでの「全世界からのガラス展」をはじめ,国内外で活躍した。平成元年飾筥「春に舞う」で芸術院恩賜賞。芸術院会員。9年文化功労者。14年文化勲章。平成16年9月18日死去。83歳。東京出身。東京美術学校(現東京芸大)卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

藤田喬平
ふじたきょうへい

[生]1921.4.28. 東京,東京
[没]2004.9.18. 千葉
ガラス工芸家。日本のガラス工芸の第一人者。1944年東京美術学校工芸科彫金部を卒業。1946年日展で鉄のオブジェ『波』が初入選。ガラス工芸に魅了され 1947年に岩田工芸硝子に入社したが 1年半で退社し,独立。1977年にイタリアのベネチアを訪れたのを機に,色ガラスの技法を学ぶ(→ベネチア・ガラス)。色ガラスに金箔やプラチナ箔を混ぜた飾筥(かざりばこ)で注目を集め,「現代の琳派」といわれた。独自のガラス工芸の分野を確立し,日本の装飾的な伝統美を現代的に表現した作品は国際的にも高く評価され,2001年コペンハーゲン装飾美術館で個展が開催された。オブジェ作品も数多く手がけた。1976~2003年日本ガラス工芸協会会長。1989年日本芸術院賞恩賜賞を受賞,同年日本芸術院会員,1997年文化功労者に選ばれ,2002年文化勲章を受章。1996年宮城県松島町に藤田喬平ガラス美術館が開館した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

藤田喬平の関連キーワード宮城県宮城郡松島町高城

藤田喬平の関連情報