コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤田喬平 ふじた きょうへい

3件 の用語解説(藤田喬平の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

藤田喬平

硝子工芸家。大正10年(1921)東京生。東美校卒。日本硝子工芸協会会長・千葉県美術会常任理事。芸術院会員文化勲章受賞。千葉県住。

出典|(株)思文閣
美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤田喬平 ふじた-きょうへい

1921-2004 昭和-平成時代のガラス工芸家。
大正10年4月28日生まれ。岩田藤七にまなび,昭和24年独立。色ガラスに金ぱくを混ぜた飾筥(かざりばこ)で独自のガラス工芸分野を確立。50年のデンマークでの「全世界からのガラス展」をはじめ,国内外で活躍した。平成元年飾筥「春に舞う」で芸術院恩賜賞。芸術院会員。9年文化功労者。14年文化勲章。平成16年9月18日死去。83歳。東京出身。東京美術学校(現東京芸大)卒。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

藤田喬平
ふじたきょうへい

[生]1921.4.28. 東京,東京
[没]2004.9.18. 千葉
ガラス工芸家。日本のガラス工芸第一人者。1944年東京美術学校工芸科彫金部を卒業。1946年日展で鉄のオブジェ『波』が初入選。ガラス工芸に魅了され 1947年に岩田工芸硝子に入社したが 1年半で退社し,独立。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

藤田喬平の関連キーワードヴェナイト安田善次郎フェン岩ダシュティーバンゼ小協商新教育モンゴル文学チャモロ[家]バレンチノ

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

藤田喬平の関連情報