コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岩田藤七 いわた とうしち

8件 の用語解説(岩田藤七の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

岩田藤七

硝子工芸家。東京生。東美校卒。色硝子を自在に駆使した吹き硝子をもって硝子工芸界に新風を起こした。芸術院賞受賞。文化功労者芸術院会員。昭和55年(1980)歿、78才。

出典|(株)思文閣
美術人名辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

いわた‐とうしち〔いはた‐〕【岩田藤七】

[1893~1980]ガラス工芸家。東京の生まれ。ガラス工芸を美術の一ジャンルとして確立。特に色ガラス器にすぐれた表現を示した。芸術院会員。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

岩田藤七【いわたとうしち】

ガラス工芸家。東京生れ。東京美術学校金工科・洋画科卒。その後ガラス制作にうつり,吹きガラスに優美な形と肌(はだ)を追求し,新分野を開く。1937年のパリ万国博覧会で銀賞を受けるなど,戦前戦後を通じてガラス工芸作家の主導的地位にあった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岩田藤七 いわた-とうしち

1893-1980 昭和時代のガラス工芸家。
明治26年3月12日生まれ。東京美術学校(現東京芸大)を卒業後ガラス製法をまなび,昭和3年から3年連続帝展特選。6年岩田硝子(ガラス)製作所を設立。吹きガラスの技法をもとにガラス工芸に新分野をひらいた。26年芸術院賞,29年芸術院会員,45年文化功労者。昭和55年8月23日死去。87歳。東京出身。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

いわたとうしち【岩田藤七】

1893‐1980(明治26‐昭和55)
ガラス工芸家。東京日本橋生まれる。1918年東京美術学校金工科を卒業後,西洋画科に再入学し,岡田三郎助に師事した。卒業後ガラス製法を学び,28年帝展出品の《吹込ルビー色硝子花瓶》が特選となり,工芸作家の地歩を築いた。吹きガラスを創作の基本とし,華麗で流動感のある色ガラスの作品に特色がある。37年のパリ万国博覧会で銀賞をうけ,戦前戦後を通じて,ガラス工芸作家の主導的地位にあった。晩年はガラスによる壁面装飾にも新しい試みを示した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

いわたとうしち【岩田藤七】

1893~1980) ガラス工芸家。東京生まれ。東京美術学校卒。吹きガラスを中心とした色ガラスの華麗な作品が特徴。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

岩田藤七
いわたとうしち

[生]1893.3.12. 東京
[没]1955.8.23. 東京
ガラス工芸家。東京美術学校金工科,洋画科卒業。今村繁三よりガラス技術を学び,1944年岩田硝子製作所を設立。主として色ガラスの宙吹き作品によって,ガラス工芸分野で独自のジャンルを築いた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

岩田藤七
いわたとうしち
(1893―1980)

ガラス工芸家。東京・日本橋に生まれる。初め東京美術学校金工科に入学したが、西洋画科に転じて1923年(大正12)に卒業。その後ガラスに傾倒するようになり、27年(昭和2)の帝展第四部美術工芸の開設以後、毎年ガラス工芸品を同展に発表。宙吹き法による、型にはまらない自在な造形を可能にし、色ガラス、金箔(きんぱく)入り吹きガラス、雲母(うんも)入りガラス、泡入りガラスを考案して装飾性を高め、個性の表現法として定着させた。また自ら31年に岩田硝子(ガラス)製作所を開いてガラス工芸の水準高揚に努め、後進の指導にも大いに尽力した。日本芸術院会員で、70年(昭和45)に文化功労者に叙せられた。[矢部良明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

岩田藤七の関連情報