コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蘇悉地経 そしつじきょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

蘇悉地経
そしつじきょう

蘇悉地羯羅 (から) 経』の略。中国,唐代にインドから長安に来た善無畏によって訳出された密教三部経典の一つ。3巻,34品から構成され,真言の持誦,護摩の法を述べている。なお蘇悉地とはサンスクリット語 susiddhiの音写で,真言を称えることによって達しうる妙果を意味する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

そしつじきょう〔ソシツヂキヤウ〕【蘇悉地経】

経典の一。3巻。善無畏訳。密教聖典で、真言三部経の一。息災・増益(ぞうやく)・調伏(ちょうぶく)の3種の護摩法灌頂(かんじょう)法、供養法などを説く。蘇悉地羯羅(そしつじから)経。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

そしつじきょう【蘇悉地経】

密教経典の一。三巻。三部秘経の一。正式名、蘇悉地羯羅経。725年善無畏訳。台密で重んじられ、修行の成就に関する儀則を説く。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

蘇悉地経の関連キーワード三部の秘経大日三部経真言律宗真言宗経典円仁儀則成就

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android