コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蘇悉地経 そしつじきょう

3件 の用語解説(蘇悉地経の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

蘇悉地経
そしつじきょう

『蘇悉地羯羅 (から) 経』の略。中国,唐代にインドから長安に来た善無畏によって訳出された密教三部経典の一つ。3巻,34品から構成され,真言の持誦,護摩の法を述べている。なお蘇悉地とはサンスクリット語 susiddhiの音写で,真言を称えることによって達しうる妙果を意味する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

そしつじきょう〔ソシツヂキヤウ〕【蘇悉地経】

経典の一。3巻。善無畏訳。密教の聖典で、真言三部経の一。息災・増益(ぞうやく)・調伏(ちょうぶく)の3種の護摩法、灌頂(かんじょう)法、供養法などを説く。蘇悉地羯羅(そしつじから)経。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

そしつじきょう【蘇悉地経】

密教経典の一。三巻。三部秘経の一。正式名、蘇悉地羯羅経。725年善無畏訳。台密で重んじられ、修行の成就に関する儀則を説く。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone