蛆虫(読み)ウジムシ

デジタル大辞泉の解説

うじ‐むし【×蛆虫】

うじ
人間として扱う値打ちのないものの意で、人をののしっていう語。「この蛆虫どもめ」「蛆虫野郎」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

うじむし【蛆虫】

ハエ・ハチなどの幼虫。うじ。
〔蛆のようにつまらない嫌な奴、の意〕 人をののしっていう語。 「この-どもめ」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

うじ‐むし【蛆虫】

〘名〙
① ハエやアブ類などの幼虫の総称。体形は円錐形や紡錘形などで頭部が小さい。脚はないが尾を有するものがある。移動は体壁の蠕動(ぜんどう)運動によって行なう。腐敗物や汚物に発生し病原菌の媒介をすることもある。種類によっては魚や鳥のえさに用いる。広く、ガやカブトムシの幼虫でハエ、アブの幼虫と形態が類似するものを含んでいうこともある。うじ。さし。《季・夏》
※珊瑚集(1913)〈永井荷風訳〉死のよろこび「おお虫よ。眼なく耳なき暗黒の友」
② (人間としての値打ちがないで) 人を卑しめ、ののしっていう語。
※雑俳・柳多留‐一三三(1834)「うぢ虫と思ひ寄手へ屎をかけ」

うず‐むし【蛆虫】

〘名〙 (「うじむし(蛆虫)」の変化した語) 人をののしっていう語。
※浄瑠璃・曾我七以呂波(1698頃)一「かく忠節の某をあのうづむし共めがそれ逆心と驚かせば」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

別腹

1 これ以上は食べられない満腹状態でも甘い菓子なら食べられることを、別の腹に入るといった語。「甘いものは別腹」2 「べっぷく(別腹)」に同じ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

蛆虫の関連情報