コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蜂の子 ハチノコ

百科事典マイペディアの解説

蜂の子【はちのこ】

ハチの幼虫。主として食用の対象となるのはクロスズメバチで,夏,秋に親バチをいぶし出して巣をとり,幼虫や蛹(さなぎ)をそのまま醤油で煮たり,いったり,飯に炊(た)き込んだりする。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

はちのこ【蜂の子】

ハチの幼虫。特に、スズメバチやクロスズメバチの幼虫をいう。タンパク質・脂肪に富み食用とする。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

蜂の子の関連キーワード英一蜂(2代)ハチ(昆虫)タンパク質蜂の子料理黒雀蜂昆虫食

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

蜂の子の関連情報