コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蝲蛄 ザリガニ

デジタル大辞泉の解説

ざり‐がに【蝲蛄】

十脚目ザリガニ科の甲殻類。日本特産の淡水産のエビ。体長4センチくらい。一対の大きなはさみをもつ。北海道・東北地方に分布。えびがに。
ザリガニ科の甲殻類の総称。肺吸虫中間宿主になる。
アメリカザリガニのこと。えびがに。 夏》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ざりがに【蝲蛄】

淡水産のエビ。体長6センチメートル 内外。鋏脚はさみあしが大きい。食用になるが、肺臓ジストマの中間宿主になるので危険。日本固有種で、北海道・東北に分布。
ザリガニ科の甲殻類の総称。在来種のニホンザリガニと輸入種のアメリカザリガニ・ウチダザリガニ・タンカイザリガニをいう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

蝲蛄 (ザリガニ)

学名:Cambaroides japonicus
動物。ザリガニ科のエビ

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

蝲蛄の関連キーワードオクリカンキリ肺臓ジストマ甲殻類在来種

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android