コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

血流計 けつりゅうけい blood flowmeter

2件 の用語解説(血流計の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

血流計
けつりゅうけい
blood flowmeter

血液の流れの速さ,量などを測定する機器。血管外から,あるいは血管を切断して血流計をはめて測定したり,体外からはかるなど,種々の方法がある。滴数や重量をはかるものから,ピトー管ベンチュリー管を用いた差圧法,流れによる浮き子の浮上度を見てはかるロタメータ,血流中に露出した細い金属片の流れによるゆがみを電気的にはかるブリストル式などあるが,現在おもに用いられているのは,電磁血流計,超音波ドップラー血流計,色素や熱希釈法などである。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

血流計
けつりゅうけい
blood flow meter

血管を流れている血液の流速、あるいは流量を測る装置をいう。動脈・静脈の狭窄(きょうさく)、閉塞(へいそく)による血流障害の診断や、心臓の機能検査などに用いられる。体表から血流を測るには、超音波血流計が用いられる。超音波血流計は、周波数2~10メガヘルツの超音波を、体表から、血流を測ろうとする血管に向けて送波し、血球で反射した波を受波して、ドップラー効果によって生じた周波数のずれ(ドップラーシフト)から、血流の速度を測る装置であり、頸(けい)動脈や末梢(まっしょう)の動脈・静脈の血流の検査に用いられる。心臓の拍出する血流量(心拍出量)を正確に測るには、静脈から肺動脈にカテーテルとよばれる細管を挿入し、少量の冷水を右心房に注入したときの肺動脈内の血液の温度変化から血流を計算する「熱希釈法」が用いられる。また、レーザー光のドップラー効果から組織を流れる血液を測るレーザードップラー血流計も、皮膚血流を測るときなどに用いられる。[戸川達男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

血流計の関連キーワード速度計流速計傾斜計浮子流速測樹pHメーター色度計糖用屈折計ストークスの流れの関数

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

血流計の関連情報