コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

行(き)止(ま)る イキドマル

デジタル大辞泉の解説

いき‐どま・る【行(き)止(ま)る】

[動ラ五(四)]ゆきどまる

ゆき‐どま・る【行(き)止(ま)る】

[動ラ五(四)]
進んで行って、そこで止まる。いきどまる。
「砂利を軋(きし)る車輪がはたと―・った」〈漱石虞美人草
「待つ人は―・りつつあぢきなく年のみ越ゆるよさのおほ山」〈和泉式部集
進んで行って突きあたる。行き着く。いきどまる。
「―・る所ぞ春はなかりけり花に心のあかぬ限りは」〈後拾遺・春上〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

行(き)止(ま)るの関連キーワード拾遺

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android