コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

街の入墨者 マチノイレズミモノ

世界大百科事典 第2版の解説

まちのいれずみもの【街の入墨者】

1935年製作の日活映画。山中貞雄監督作品。35年に日活と年4本の契約を結んで本格的に映画に進出した前進座との提携第2作で,その後《河内山宗俊》(1936),遺作となった《人情紙風船》(1937。PCL映画)と続く,山中貞雄と前進座のコンビの出合いの映画でもある。長谷川伸の戯曲《町の入墨者》(1927)を原作としているが,脚本を書いた山中がエルンスト・ルビッチErnst Lubitsch監督のアメリカ映画《私の殺した男》(1932)を参考にしたと語っているとおり,外国映画から学んだ技巧をとり入れて自由に脚色した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

街の入墨者の関連キーワード河原崎 国太郎(5代目)河原崎 しづ江石島 房太郎山中 貞雄原 ひさ子

今日のキーワード

スタットコール

《statは、急を要するの意。「スタッドコール」とも》病院内での緊急召集。緊急事態発生時に、担当部署に関係なく手の空いている医師や看護師を呼び出すために用いる。→コードブルー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android