コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

衝羽根樫 ツクバネガシ

デジタル大辞泉の解説

つくばね‐がし【衝羽根×樫】

ブナ科の常緑高木。山地に自生。葉は革質の長楕円形で先がとがり、枝先では4枚がやや輪状につく。4、5月ごろ、雄花と雌花をつけ、秋にどんぐりがなる。材は建築に使用。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

つくばねがし【衝羽根樫】

ブナ科の常緑高木。暖地の山中に自生。葉は枝先付近に衝羽根状に互生し、狭長楕円形で質が厚く短柄。雌雄同株。四月頃開花。雄花序は長く下垂、雌花序は短く直立する。堅果は楕円形で食用となる。材は器具・楽器などとする。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報