コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

表右筆 オモテユウヒツ

デジタル大辞泉の解説

おもて‐ゆうひつ〔‐イウヒツ〕【表右筆】

江戸幕府の職名。若年寄の下で幕府の通常の公文書の作成、日記の記入などにあたった。→奥右筆

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

おもてゆうひつ【表右筆】

江戸幕府の職名。若年寄に属し、老中奉書などの書物かきもの・文案の作成、幕府の日記の記入および将軍印章の保管などに当たった。 → 奥右筆

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の表右筆の言及

【右筆】より

…草創期が過ぎて幕政が先例によって運営されるようになると,文書・記録のことにあずかる右筆は,先例を調査し老中に報告することを職務の一つとするようになった。 1681年(天和1)幕府の右筆は奥右筆と表右筆とに分化し,奥右筆が新たな職務を担当し,表右筆は従来の物書きとしての職務を担当することになった。表右筆は,将軍の御内書(ごないしよ),老中奉書などを執筆するほかに,幕府の日記(江戸幕府日記)をつけ,また分限帳(ぶげんちよう)など大名・旗本などの名簿を管理した。…

※「表右筆」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

表右筆の関連キーワード御触書集成屋代弘賢男谷燕斎老中奉書川瀬専蔵川上花顛近藤蘆隠右筆

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android