コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

袋田温泉 ふくろだおんせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

袋田温泉
ふくろだおんせん

茨城県北部,久慈川支流の滝川沿いにある温泉。大子町に属する。泉質重曹泉泉温は 40℃。婦人病によく,飲用すれば胃腸病に効能がある。江戸時代に水戸藩主も訪れたという歴史をもち,1935年のボーリングによる湧出で発展した。現在は近くの袋田の滝観光の拠点として観光客でにぎわう。宿は設備が整っており,コンニャクや鮎料理を名物にしている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ふくろだ‐おんせん〔‐ヲンセン〕【袋田温泉】

茨城県北西部、久慈郡大子(だいご)町袋田にある温泉。泉質は単純温泉塩化物泉など。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ふくろだおんせん【袋田温泉】

茨城県北部、大子だいご町袋田にある温泉。泉質は炭酸泉。久慈川支流の滝川に臨み、上流には高さ120メートルで四段に落下、冬期には凍結する袋田の滝がある。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔茨城県〕袋田温泉(ふくろだおんせん)


茨城県北部、久慈(くじ)郡大子(だいご)町の久慈川支流の滝(たき)川に臨む行楽・保養向きの温泉。東約1.5kmに袋田(ふくろだ)のがあり、新緑・紅葉の季節はとくににぎわう。ナトリウム-硫酸塩泉。泉温40.5℃。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

袋田温泉
ふくろだおんせん

茨城県北部、久慈(くじ)郡大子(だいご)町袋田にある温泉。古く田毎(たごと)の湯といわれた自然湧出(ゆうしゅつ)泉があったが、1936年(昭和11)現在地でボーリングに成功。泉質は無色透明の二酸化炭素泉。奥久慈観光の中心地となっている。JR水郡(すいぐん)線袋田駅と常陸大子(だいご)駅よりバスの便がある。[櫻井明俊]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

袋田温泉の関連キーワード茨城県久慈郡大子町大子(町)袋田滝炭酸泉行楽上流冬期

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android