張本(読み)ちょうほん

精選版 日本国語大辞典「張本」の解説

ちょう‐ほん チャウ‥【張本】

〘名〙 (古くは「ちょうぼん」)
① 文章で、後に書く事柄の伏線として前もって書いておく事柄。〔色葉字類抄(1177‐81)〕
※史記抄(1477)三「以前に子出子生と書たは、後に逐出たほどに其ための張本なり」 〔春秋左伝注‐隠公五年〕
② あとになって起こることに備えて、前もって準備しておくこと。あらかじめ後の素地を築いておくこと。
※本朝文粋(1060頃)一三・為仁康上人修五時講願文〈大江匡衡〉「皆以今日之善根、将来世之張本
③ 悪事のたくらみや事件を起こすなどのもとになること。また、その人。首謀。張本人。
※中右記‐天仁元年(1108)九月一九日「互召下手人其誡。又尋張本輩追却
※天草本平家(1592)一「カイゾクノ chǒbon(チャウボン) サンジュウニンアマリ」 〔建炎以来朝野雑記甲集‐財賦・東南折帛銭〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「張本」の解説

ちょう‐ほん〔チヤウ‐〕【張本】

《古くは「ちょうぼん」》
事の起こり。原因。特に、悪事のもととなること。また、その人。張本人。
「弱い者いじめの―で」〈中勘助銀の匙
あとでの出来事に備えて、前もって準備しておくこと。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android