コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

袴能 ハカマノウ

デジタル大辞泉の解説

はかま‐のう【×袴能】

登場者が面・装束をつけず、紋服に袴のままで演じる能。 夏》「伯父といふこはき人あり―/時彦」→装束能

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

はかまのう【袴能】

盛夏のころ、面や装束をつけず紋服・袴で行う能。作物や小道具を略する場合もある。 ↔ 装束能 [季] 夏。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

袴能
はかまのう

能の略式上演方式の一つ。能面、能装束を用いず、紋服、袴姿のままで一番の能を演ずること。小道具、作り物の類は普通の上演と同じに用いる。能面、能装束を汗で汚さぬための夏の催しの便法であり、すがすがしい情趣も好まれたが、能楽堂に冷房装置がついて以来は、袴能の上演はまれになりつつある。なお、狂言では、装束を着けず袴のまま演ずることはまれである。[増田正造]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の袴能の言及

【能】より


【奏演方式】
 能には,首尾完全な奏演方式のほかに,多くの省略方式があり,以下に示す。(1)袴能(はかまのう) 装束をつけずに紋服で演ずる。(2)半能(はんのう) 一曲の後場だけを演ずる。…

※「袴能」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

袴能の関連キーワード能の略式上演方式津村 紀三子大蔵 虎一装束始め増田正造作物盛夏

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android