裏道(読み)うらみち

精選版 日本国語大辞典「裏道」の解説

うら‐みち【裏道】

〘名〙
① 裏口から通じている道。
※天理本狂言・胸突(室町末‐近世初)「又むつかしい人がわせた。うら道へはづさうと云ふ」
② 街道以外の道。また、本道でない裏通りの道。ぬけみち。間道。比喩的に、裏の意味の意にもいう。
※俳諧・続猿蓑(1698)上「春風に普請のつもりいたす也〈惟然〉 藪から村へぬけるうら道〈支考〉」
※談義本・労四狂(1747)上「又曲れる人は我がいふ言のうら道(ミチ)へ心をまはし聞て」
③ 正当でないやり方。また、まともでない生活。
※雲は天才である(1906)〈石川啄木〉二「アノ男も常に人生の裏路許り走ってゐる男だが」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「裏道」の解説

うら‐みち【裏道】

本道でない裏通りの道。抜け道間道かんどう
正当でないやり方、手段。まともでない生き方。「人生の裏道
裏口に通じている道。
「表から出ましたら遅からうと存し、―へ向けて追っかけまするとて」〈狂言記・胸突〉
[類語]裏通り裏街道抜け道間道横道近道脇道枝道

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

株を守りて兎を待つ

たまたまうまくいったことに味をしめて、同じようにしてもう一度、成功しようとするたとえ。また、古くからの習慣にこだわって、時代に合わせることを知らぬたとえ。[使用例] 羹あつものに懲こりて膾なますを吹く...

株を守りて兎を待つの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android