コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西ウイグル王国 にしウイグルおうこく

世界大百科事典 第2版の解説

にしウイグルおうこく【西ウイグル王国】

9世紀後半から13世紀末まで,トゥルファン(吐魯番)盆地を中心とし,天山北麓の牧草地帯をも組み込んで形成されたウイグル族の王国。その領域は最大時には西部天山山脈一帯にまで及び,天山ウイグル王国とも呼ばれる。9~11世紀のころにはビシュバリクも重要な都市であったが,その後はカラホージョが王城として機能した。中国側にはオアシス都市ごとに,都市名を冠して西州(高昌)回鶻,亀茲回鶻などとして,また前者は王名をとって阿薩蘭(アルスラン=獅子)回鶻としても知られた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の西ウイグル王国の言及

【ウイグル族】より

…別の一派は,西部天山方面のカルルクの地に移り,のちのカラ・ハーン朝成立に大きな影響を与えた。他の主力部分は,モンゴル高原時代から一定の地歩を築いていた東部天山一帯に入り,北庭(ビシュバリク),焉耆(カラシャール),高昌(トゥルファン)を抑え,しだいにタリム盆地周辺のオアシス農耕都市を制した彼らは,西ウイグル(天山ウイグル)王国を建設して遊牧民の定着化という画期的な歴史展開を実現すると同時に,仏教,ネストリウス派キリスト教,高昌漢文化などと混合した文化を形成した。こうして,タリム盆地の従来の伝統的アーリヤ系住民とその文化・言語は,ウイグル化・トルコ化された。…

【トルコ族】より

…この際,国を失ったウイグル族は,モンゴリアの故地を捨てて,中国の北辺(10万人以上ともいう)から西は天山・タリム盆地方面(十数万~30万人ともいう)へと移動し,甘州,ビシュバリク,高昌,クチャ(亀茲),チュー川・タラス川方面で新たな生活を開始した。このうち,ビシュバリク,高昌方面におちついた者たちは,9世紀後半,この地の支配権を獲得し,カラシャフルからクチャに至る天山南麓のオアシス地帯をも支配下におく〈西ウイグル王国〉(〈天山ウイグル王国〉ともいう)を建設し,13世紀のモンゴルの侵入時代までこの地域の支配を続けた。一方,チュー川・タラス川方面に向かったウイグル族は先住のカルルク族などと交わって〈カラ・ハーン朝〉(840‐1212)と呼ばれる新国家を建設し,やがて9世紀末には,その支配権をタリム盆地西部のオアシス定住地帯にも及ぼした。…

※「西ウイグル王国」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

西ウイグル王国の関連キーワードカラシャールカラ・ハン朝ウイグル王延徳回紇

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android