コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西塚泰美 にしづかやすとみ

3件 の用語解説(西塚泰美の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

西塚泰美
にしづかやすとみ

[生]1932.7.12. 兵庫,芦屋
[没]2004.11.4. 兵庫,神戸
生化学者。京都大学医学部卒業。同大助教授を経て 1969年から神戸大学医学部教授。この間 1964年から1年間ロックフェラー大学客員研究員,1980~85年岡崎国立協同研究機構基礎生物学研究所教授,1984年ハーバード大学医学部客員教授も務めた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

西塚泰美 にしづか-やすとみ

1932-2004 昭和後期-平成時代の生化学者。
昭和7年7月12日生まれ。昭和44年神戸大教授となり,平成7年学長。昭和52年たんぱく質リン酸化酵素C(プロテインキナーゼC)を牛の脳細胞から発見し,生物の細胞の中で情報がどう伝わるかを明らかにした。61年学士院賞,63年文化勲章,平成元年ラスカー基礎医学賞。平成16年11月4日死去。72歳。兵庫県出身。京大卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

西塚泰美
にしづかやすとみ
(1932―2004)

生化学者。愛知県生まれ。1957年(昭和32)京都大学医学部を卒業し、同校の助手、助教授を経て、1969年神戸大学医学部教授となる。1977年にウシの脳から新酵素のプロテインキナーゼCを発見し、外部からの信号を細胞に伝達する機構解明の糸口を開いた。1985年「ホルモン及び神経伝達物質の作用機構に関する研究」で朝日賞、1986年「ホルモン作用における情報の受容伝達機構に関する研究」で日本学士院賞を受賞する。細胞の応答機構の解明は先駆的な研究として世界的に高く評価された。1987年文化功労者、1988年アメリカ科学アカデミー外国人会員となった。ほかにイギリス王立協会、フランス科学アカデミーの各外国人会員。1988年に文化勲章を受章。1989年にはアメリカ医学会の最高賞であるラスカー賞を受賞した。1995~2001年(平成7~13)神戸大学学長。同大学名誉教授[編集部]
『田中千賀子・西塚泰美編『生体における情報伝達』(1993・南江堂)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

西塚泰美の関連キーワード光岡明江口週小野木朝子木戸蓊古賀憲司佐野ぬい長岡毅二宮宏之服部ケイ山田信夫(2)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

西塚泰美の関連情報