コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西山徳茂都 にしやま とくもいち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

西山徳茂都 にしやま-とくもいち

1857-1898 明治時代の地歌・箏曲(そうきょく)家。
安政4年9月15日生まれ。8歳で失明し,岡山の菊永検校(けんぎょう)系の演奏家に入門,のち大阪で徳永徳寿に師事。抜群の記憶力で野川流三味線の本手(ほんて)をわずか3ヵ月で習得したという。作曲に「秋の言の葉」など。明治31年11月24日死去。42歳。備前(岡山県)出身。名は徳茂一ともかく。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

西山徳茂都の関連キーワード明治時代箏曲地歌

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android