コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西崑酬唱集 せいこんしゅうしょうしゅうXi-kun chou-chang-ji

2件 の用語解説(西崑酬唱集の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

西崑酬唱集
せいこんしゅうしょうしゅう
Xi-kun chou-chang-ji

中国,北宋初期の詩集。景徳 (1004~07) 頃,楊億,劉 筠 (りゅういん) ,銭惟演ら朝廷の高官 17人が唱和した詩 250首ほどを収める。晩唐の李商隠を宗とし,はなやかな修辞や対句,典故などの技巧を重んじる詩風で「西崑体」と呼ばれ,当時大流行をみた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

せいこんしゅうしょうしゅう【西崑酬唱集 Xī kūn chóu chòng jí】

中国,北宋初期の文人官僚の唱和詩集。楊億編。西崑は崑崙(こんろん)の西の図書を蔵する仙山,秘閣(宮廷図書館)で勅撰の書を編集しているときに唱和応酬した詩,17人の作250首(ほとんど律詩)を収める。晩唐の李商隠を模倣し,典故を多用する華麗なその詩風は,〈西崑体〉と呼ばれるが,やがて写実的かつ平淡な詩風が主流を占めるようになり,一時の流行にとどまった。宋詩【村上 哲見】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

西崑酬唱集の関連キーワード藤原綏子西夏澶淵の盟寛弘イスラエル王国寛弘景徳鎮窯景徳伝灯録革堂子島曼荼羅

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone