コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西崑酬唱集 せいこんしゅうしょうしゅう Xi-kun chou-chang-ji

2件 の用語解説(西崑酬唱集の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

西崑酬唱集
せいこんしゅうしょうしゅう
Xi-kun chou-chang-ji

中国,北宋初期の詩集。景徳 (1004~07) 頃,楊億,劉 筠 (りゅういん) ,銭惟演ら朝廷の高官 17人が唱和した詩 250首ほどを収める。晩唐の李商隠を宗とし,はなやかな修辞や対句,典故などの技巧を重んじる詩風で「西崑体」と呼ばれ,当時大流行をみた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

せいこんしゅうしょうしゅう【西崑酬唱集 Xī kūn chóu chòng jí】

中国,北宋初期の文人官僚の唱和詩集。楊億編。西崑は崑崙(こんろん)の西の図書を蔵する仙山,秘閣(宮廷図書館)で勅撰の書を編集しているときに唱和応酬した詩,17人の作250首(ほとんど律詩)を収める。晩唐の李商隠を模倣し,典故を多用する華麗なその詩風は,〈西崑体〉と呼ばれるが,やがて写実的かつ平淡な詩風が主流を占めるようになり,一時の流行にとどまった。宋詩【村上 哲見】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

西崑酬唱集の関連キーワード胡公寿周邦彦秦観曹知白劉義慶北宋臨川集和詩・倭詩曽鞏伝灯録

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone