コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西崑酬唱集 せいこんしゅうしょうしゅうXi-kun chou-chang-ji

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

西崑酬唱集
せいこんしゅうしょうしゅう
Xi-kun chou-chang-ji

中国,北宋初期の詩集。景徳 (1004~07) 頃,楊億,劉 筠 (りゅういん) ,銭惟演ら朝廷の高官 17人が唱和した詩 250首ほどを収める。晩唐李商隠を宗とし,はなやかな修辞対句典故などの技巧を重んじる詩風で「西崑体」と呼ばれ,当時大流行をみた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

せいこんしゅうしょうしゅう【西崑酬唱集 Xī kūn chóu chòng jí】

中国,北宋初期の文人官僚の唱和詩集。楊億編。西崑は崑崙(こんろん)の西の図書を蔵する仙山,秘閣(宮廷図書館)で勅撰の書を編集しているときに唱和応酬した詩,17人の作250首(ほとんど律詩)を収める。晩唐の李商隠を模倣し,典故を多用する華麗なその詩風は,〈西崑体〉と呼ばれるが,やがて写実的かつ平淡な詩風が主流を占めるようになり,一時の流行にとどまった。宋詩【村上 哲見】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

西崑酬唱集の関連キーワード陳文述

今日のキーワード

荒らげる

[動ガ下一][文]あらら・ぐ[ガ下二]声や態度などを荒くする。荒々しくする。「言葉を―・げる」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国語に関する世論調査」では、本来の言い方とされる「声をあららげる」を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android