コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西晴雲 にし せいうん

美術人名辞典の解説

西晴雲

日本画家。島根県生。本名西村和作。吉嗣拝山に師事する。中国に渡り、斉白石らに師事、呉昌碩知遇を得て上海に移り住み、上海南画院を創設した。山水・花鳥画を能くする。昭和38年(1963)歿、81才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

西晴雲 にし-せいうん

1881-1963 明治-昭和時代の日本画家。
明治14年8月17日生まれ。彫刻より日本画に転向,上京して吉嗣拝山(よしつぐ-はいざん)に師事。大正3年中国へわたり書画をまなぶ。昭和5年上海南画院創設。戦後帰国し水墨画の制作をつづけた。33年郷里島根県大田市の長福寺の壁画をえがく。昭和38年4月25日死去。81歳。本名は西村和作。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

西晴雲の関連キーワード西 晴雲昭和時代明治

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android