コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西村賢太 にしむらけんた

知恵蔵miniの解説

西村賢太

小説家。1967年7月12日、東京都生まれ。中学卒業後、様々な仕事を経て、2004年に短編小説『けがれなき酒のへど』(幻冬舎)が文芸誌「文學界」(文藝春秋)に掲載され文壇デビュー。05年、『どうで死ぬ身の一踊り』(講談社)が第134回芥川賞候補・第19回三島由紀夫賞候補となる。06年、「一夜」(『どうで死ぬ身の一踊り』に併録)が第32回川端康成文学賞候補となり、07年、『小銭をかぞえる』(文藝春秋)も第138回芥川賞候補となる。同年、『暗渠の宿』(新潮社)が第29回野間文芸新人賞を受賞。09年、『廃疾かかえて』(新潮社)は二度目の川端康成文学賞候補となった。11年、『苦役列車』(新潮社)で第144回芥川賞を受賞し、以降、メディアに多く登場している。大正時代の私小説作家・藤澤清造を敬愛しており、12年には藤澤の作品を編纂し、解説も加えた『藤澤清造短編集』(新潮社)が出版された。

(2014-2-25)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

デジタル大辞泉の解説

にしむら‐けんた【西村賢太】

[1967~ ]小説家。東京の生まれ。中学卒業後は日雇いなどで生計を立てながら、平成15年(2003)より小説を書き始める。「苦役列車」で芥川賞受賞。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

西村賢太 にしむら-けんた

1967- 平成時代の小説家。
昭和42年7月12日生まれ。中学校卒業後,アルバイトなどで生計をたてる。平成15年同人誌「煉瓦」に参加して小説を書きはじめ,「群像」「野性時代」「新潮」などに作品を発表。19年「暗渠の宿」で野間文芸新人賞。「どうで死ぬ身の一踊り」「小銭をかぞえる」が芥川賞候補,「一夜」「廃疾かかえて」が川端康成文学賞候補。23年,その日暮らしの港湾労働で生計をたてる19歳の孤独と貧困をえがいた「苦役列車」で芥川賞を受賞。東京都出身。著作はほかに「随筆集 一私小説書きの弁」「人もいない春」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

タレントデータバンクの解説

西村 賢太


芸名
西村 賢太

性別
男性

生年月日
1967/07/12

星座
かに座

干支
未年

出身地
東京都

デビュー年
2004

職種
文化人

趣味・特技
落語鑑賞/古書(初版本)収集/古書鑑定(神保町・古書店で勤務経験)

尊敬する人
藤澤清造(大正時代の私小説家)/高田文夫

プロフィール
7月12日生まれ。東京都江戸川区出身。趣味は落語鑑賞、古書収集。特技は、古書鑑定である。2004年、著書『けがれなき酒へのへど』で文壇デビュー。著書『暗渠の宿』で第29回野間文芸新人賞受賞。2011年には著書『苦役列車』で第144回芥川賞受賞。その他、テレビやラジオでも活躍。

デビュー作
『けがれなき酒のへど』

代表作品
著書『苦役列車』(2011) / 著書『歪んだ忌日』(2013) / 著書『暗渠の宿』

出典 株式会社タレントデータバンクタレントデータバンクについて 情報

西村賢太の関連キーワードゴダール(Jean-Luc Godard)新藤兼人森一生コーマン野村芳太郎二川幸夫増村保造ルルーシュ宇宙開発史(年表)[各個指定]芸能部門

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

西村賢太の関連情報