港湾労働(読み)こうわんろうどう

百科事典マイペディア「港湾労働」の解説

港湾労働【こうわんろうどう】

埠頭(ふとう)または船内で船の貨物積卸作業を行う仕事。停泊中の船上はしけへの積卸作業を行う船上荷役と,岸壁陸揚げまたは搬入を行う沿岸荷役がある。1965年に港湾労働法が制定されるまでは長く不安定な雇用関係の下におかれた。また,沿岸荷役を行う労働者を浜仲仕(または単に仲仕),船上荷役に従事する者を沖仲仕,総称して仲仕と呼んだ。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版「港湾労働」の解説

こうわんろうどう【港湾労働】

船舶の貨物の揚卸しをする仕事で,港内停泊中の本船から貨物をはしけに(またはしけから本船に)移して運ぶ沖荷役と,岸壁や桟橋等で本船やはしけから貨物をトラックや荷さばき場に卸す(またはその逆方向に揚げる)沿岸荷役とがある。沖荷役を行う労働者を沖仲仕ともいう。港湾労働者の雇用関係は不安定で,日雇で仕事にあぶれることが多く,手配衆から賃金をピンはねされ,けがや病気は手前もちである。このような事情は,船舶荷役事業本来の〈波動性〉に起因するという見方が一般にはされている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

戻り梅雨

梅雨が明けたあとに、再び梅雨のような状態に戻ること。返り梅雨。《季 夏》[類語]梅雨・梅雨ばいう・五月雨・空梅雨・菜種梅雨・走り梅雨・返り梅雨...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android