コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西津荘 にしづのしょう

2件 の用語解説(西津荘の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

西津荘【にしづのしょう】

若狭国遠敷(おにゅう)郡の荘園。現在の福井県小浜(おばま)市西津を中心に田烏(たがらす)を含んだ。山城神護寺領。平安末期に安倍資良(あべのすけなが)が開発,神護寺に寄進して同寺を領家(りょうけ)とし,自身は預所(あずかりどころ)となり立荘したと推測される。
→関連項目多烏浦

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

にしづのしょう【西津荘】

若狭国遠敷(おにゆう)郡の荘園。現在の福井県小浜市西津を主とし田烏を含む。山城神護寺領。平安末期,開発領主安倍資長が同寺(文覚上人)に寄進してこれを領家と仰ぎ,自身は預所となることにより立荘したと考えられる。多烏浦(たがらすのうら)(現,田烏)は文覚により〈西津ノかた(片)庄〉とされたという。1196年(建久7)将軍源頼朝の勘気をうけて守護職を奪われた稲庭権守時貞が〈西津庄ばかりかつみやう(渇命)ところに給〉わり,6年後ここで没したことが《若狭国税所今富名領主代々次第》に見える。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone