コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

狩倉/狩座/狩競 カリクラ

デジタル大辞泉の解説

かり‐くら【狩倉/狩座/狩競】

狩猟をする場所。狩り場。
「駒並(な)めて狩りする人は―の虎伏す野べぞゆかしかりける」〈散木集・九〉
狩猟。特に、鹿狩り。
「今日の―むなしからめや」〈夫木・三六〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

かりくら【狩倉】

狩蔵とも書く。領主の独占的な狩猟区域で,所領内の狩猟に好適な山や野を選び,四至を定めて囲いこんだもの。獣の生態系を守るために,百姓等がその中へ自由に出入りし,また採草・伐木など生産活動を営むことを厳しく禁じた。狩倉の成立時期は不明であるが,12世紀の前期には,まず〈神狩蔵〉の存在が知られる。この神の狩倉は,13世紀初期に肥後国阿蘇神社などで確認される狩猟神事を営むための狩倉と考えられる。和泉国大鳥神社にも,11世紀末から12世紀初頭ころ,4ヵ所の狩庭があった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

狩倉
かりくら

狩猟する場所、すなわち狩場。さらには、狩場で行われる狩りそのものや、狩りにおいて獲物を競い合うことをも意味した。律令(りつりょう)制下においても、農民の用益を妨げぬ限り山野を狩猟地として占取することが認められていたが、平安中期以後になると、在地領主たちによって原野がしだいに「狩倉」「狩庭(かりにわ)」として領有されるようになった。弓馬を主要武器とする彼らは、そこで狩猟による戦技訓練を行うとともに、そのような山野の領有によって在家(ざいけ)住人たちを支配したのである。『吾妻鏡(あづまかがみ)』建久(けんきゅう)4年(1193)3月21日条によれば、下野(しもつけ)国那須野(なすの)、信濃(しなの)国三原(みはら)などの「狩倉」がみえる。また、安芸三入荘地頭得分(あきみるのしょうじとうとくぶん)田畠等配分注文(はいぶんちゅうもん)(『鎌倉遺文』4849号)によれば、「狩蔵山」が地頭の所領としてみえている。なお、民俗では、シカ、イノシシの生息する区域全体を「カクラ」(狩倉)とよび、その区域内で狩猟を行うのである。[黒田日出男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

狩倉/狩座/狩競の関連キーワード黒田日出男下地中分鹿狩り

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android