コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

見性成仏 けんしょうじょうぶつ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

見性成仏
けんしょうじょうぶつ

仏教用語。禅宗根本精神を簡潔に表明した。自分に本来そなわっている「仏となりうる性質」 (仏性) を発見して,悟りを開き,仏となること。ただちに迷いや疑いを去って,自己の本来の姿を悟り実現すること。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

けんしょう‐じょうぶつ〔ケンシヤウジヤウブツ〕【見性成仏】

見性によって悟りを得ること。見性悟道。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

見性成仏【けんしょうじょうぶつ】

如来知見とも。自己の本性を徹見して,その円満具足なるを悟って仏となること。禅宗の根本概念の一つ。自性を見るのは臨済禅,自性が現れると考えるのが曹洞禅。→見仏

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

けんしょうじょうぶつ【見性成仏】

禅宗で、見性して、悟りを開くこと。見性悟道。 → 直指人心じきしにんしん見性成仏

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

見性成仏の関連キーワード達磨(禅宗の開祖)不立文字禅宗美術祈り

今日のキーワード

フィンテック

IT(情報技術)を駆使した金融サービスの創出のこと。「金融(Financial)」と「技術(Technology)」を組み合わせた米国発の造語で、2008年のリーマンショック以降発展したとされている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

見性成仏の関連情報