規制改革会議(読み)きせいかいかくかいぎ

日本大百科全書(ニッポニカ)「規制改革会議」の解説

規制改革会議
きせいかいかくかいぎ

経済成長を妨げているさまざまな公的規制のあり方について調査・審議する内閣総理大臣の諮問機関。構造改革を進めるために必要な規制緩和策について提言することをおもな任務とする。内閣府設置法第37条第2項に基づき内閣府に設置され、設置期間は政令で定める。1995年(平成7)、村山富市(とみいち)政権下で設置された「行政改革委員会規制緩和小委員会」を組織の原型とし、「規制緩和委員会」「総合規制改革会議」「規制改革・民間開放推進会議」などと名称を変えながら役割を引き継いでいる。民主党政権下では、行政刷新会議規制・制度改革分科会があったものの、事実上廃止された。第二次安倍政権下の2013年(平成25)1月に復活し、農業・医療など既得権益層の抵抗で容易に規制緩和が進まない、いわゆる岩盤規制の緩和・撤廃を強く進める役割を期待されている。議長を含め15人以内の民間経営者や学者らで構成し、中央省庁の個々の規制の必要性や規制緩和効果について審議。関係省庁との調整を経て、ほぼ毎年5~8月に、規制改革について内閣総理大臣に答申する。政府はこの答申を受けて、成長戦略や骨太の方針を決定し、次年度の予算編成や法改正に生かす。

 これまでに医薬品の一般小売店での販売解禁、保険商品の銀行窓口での販売解禁、特区の創設、幼稚園と保育園の一体整備、保育サービスの規制緩和、混合診療の拡大、一般住宅に有料で宿泊する「民泊」の解禁などを答申した。専用ホームページで、広く国民や民間企業などから具体的な規制緩和策を募集する試みも行っている。2016年9月に発足した規制改革推進会議は介護保険と保険外サービスを組み合わせる「混合介護」の解禁、転職しやすい雇用規制の緩和などを検討している。

[矢野 武 2017年3月21日]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

知恵蔵mini「規制改革会議」の解説

規制改革会議

経済社会の構造改革を進めるうえで必要な規制の在り方の改革に関する基本的事項を総合的に調査審議し、総理に意見を述べる機関(審議会)のこと。1995年、村山富市政権下で「行政改革委員会規制緩和小委員会」が設置されたのを端緒とする。その後「規制緩和委員会」(橋本内閣)、「規制改革委員会」(小渕内閣森内閣)、「総合規制改革会議」(森内閣・小泉内閣)、「規制改革・民間開放推進会議」(小泉内閣)、そして「規制改革会議」(安倍内閣福田内閣・麻生内閣)と名称を変え役割を引き継いできた。しかし09年9月、民主党政権に移行した後、10年3月末に同会議は廃止された。同会議が行ったおもな答申・提言に「正規社員の解雇規制緩和」「最低賃金額の引き上げ見送り」「保育士資格取得の要件緩和」「労働者保護の緩和」などがある。12年末、衆議院議員総選挙自民党大勝、第2次安倍内閣が成立し「規制改革会議」の復活が決定。13年1月14日、第1回が行われた。

(2013-2-19)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

今日のキーワード

幸福追求権

日本国憲法 13条に保障する「生命,自由及び幸福追求に対する国民の権利」を一体的にとらえて観念された場合の権利。アメリカの独立宣言中の,「〈天賦不可侵の権利〉のなかに生命,自由および幸福の追求が含まれ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android