コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

覚禅 かくぜん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

覚禅 かくぜん

1143-? 平安後期-鎌倉時代の僧。
康治(こうじ)2年生まれ。勧修(かじゅう)寺の興然,醍醐(だいご)寺の勝賢に師事。興然の影響をうけ,図像資料を収集。建暦(けんりゃく)3年(1213)のころまで醍醐寺,勧修寺,高野山などの資料を調査し,「覚禅鈔」をあらわした。字(あざな)は金胎房。通称は少納言阿闍梨。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

覚禅

没年:没年不詳(没年不詳)
生年:康治2(1143)
平安末から鎌倉初期の密教白描図像研究家。勧修寺興然や醍醐寺勝賢に師事。30年以上にわたって密教図像や典籍を収集し,密教図像集の中でも大著として知られる『覚禅抄』を編集。建暦3(1213)年までの活動が確認される。

(矢島新)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典内の覚禅の言及

【覚禅抄】より

…真言宗の諸経法,諸尊法,灌頂などの作法に関する研究書。著者の金胎房覚禅は,勧修寺の興然,醍醐寺の勝賢などに師事した博学多聞の僧で,絵に巧みであった。鎌倉時代の前期は,密教の行法に関する知識の集成がさかんであったが,覚禅は数十年をかけて諸師の口伝を集め,膨大な典籍を調査して100余巻の書を著した。…

※「覚禅」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

覚禅の関連キーワードサーダナマーラー閻魔天曼荼羅宝蔵院胤栄渓嵐拾葉集象外禅鑑一庭融頓中峰明本明窓宗鑑雪潭紹璞了堂素安独照祖輝玉山徳璇関山慧玄桃渓徳悟東巌慧安義翁紹仁明本中峯桑田道海蘭渓道隆東山湛照

今日のキーワード

フィンテック

IT(情報技術)を駆使した金融サービスの創出のこと。「金融(Financial)」と「技術(Technology)」を組み合わせた米国発の造語で、2008年のリーマンショック以降発展したとされている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

覚禅の関連情報