親衛(読み)シンエイ

大辞林 第三版の解説

しんえい【親衛】

国家の元首・要人などの身辺を護衛すること。
近衛府の唐名。羽林。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しん‐えい ‥ヱイ【親衛】

〘名〙
① 天皇や国家元首などの身近にいて、その身をまもること。また、その人。
輿地誌略(1826)二「騎の一隊斯拝私(スパイス)と名くは、帝の親衛とす」 〔揮塵余話‐巻一・一七〕
② 左右の近衛府(このえふ)の唐名。
※江吏部集(1010‐11頃)中「観右親衛亜相述懐詩、不本韻次奉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

親衛の関連情報