コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

観客参加 かんきゃくさんかaudience participation

1件 の用語解説(観客参加の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

かんきゃくさんか【観客参加 audience participation】

演劇の成立に不可欠の要素である観客は,舞台上の劇を客席から鑑賞するだけの見物人ではなく,劇を進行させる演者とともに,その場で成り立つ演劇世界の創造に加わっているという考え方を指す。本来演劇は,宗教的共同体などで構成員全体が体験を共有するために行う祭礼劇を起源とし,そこから演じる立場と見る立場が分かれて成立した。当初の演劇では,立場は異なるが,それぞれ〈演じる〉〈見る〉という行為を通して全員が一つの世界の創造に参加していたのであり,その精神は舞台と客席という空間の分化が進んだあとも受けつがれていた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

観客参加の関連情報