コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

角榛 ツノハシバミ

デジタル大辞泉の解説

つの‐はしばみ【角×榛】

カバノキ科の落葉低木。山地に生え、葉は倒卵形。3月ごろ、穂状雄花と頭状の雌花とがつく。果実はふつう2個が向き合ってつき、長い角状の突起がある。ながはしばみ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

つのはしばみ【角榛】

カバノキ科の落葉低木。山地に生える。葉は倒卵形。雌雄同株で、春、葉に先立ち開花。果実は上端が角のようになった総包に包まれ、中に堅果があって食用になる。ナカハシバミ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

角榛 (ツノハシバミ)

学名:Corylus sieboldiana
植物。カバノキ科の落葉低木,園芸植物

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

角榛の関連キーワード雌雄同株総包堅果上端食用

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android