訓話(読み)くんわ

精選版 日本国語大辞典「訓話」の解説

くん‐わ【訓話】

〘名〙 教え導くためにする話。教訓的な話。また、学校長などが行事として行なう講話。
※雑嚢(1914)〈桜井忠温〉五「会長がカイゼルの勅語を読む。二三の訓話(クンワ)などがあってから、宴会に移る」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「訓話」の解説

くん‐わ【訓話】

[名](スル)教えさとすための話。また、教訓的な話。「朝礼で全生徒に訓話する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android