朝礼(読み)チョウレイ

世界大百科事典 第2版の解説

ちょうれい【朝礼】

軍,学校,企業など集団としての目的志向の強い組織において,一日の業務開始前に構成員が集合し,人員の確認,指揮者・責任者からの必要事項の伝達,および構成員相互の士気鼓舞などを行う朝の行事。朝会(ちようかい)とも呼ぶ。宗教教団の勤行(ごんぎよう)や組織での点呼などに起源をもつと考えられるが,社会的に広まったのは学校行事としての定着をみてからであろう。日本の場合,個別教授または少人数のグループ方式をとっていた明治初年までの藩校寺子屋では,教授日の登校時に個別の挨拶や敬礼はあったものの統一的な行事としては存在していなかった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ちょう‐れい テウ‥【朝礼】

〘名〙
① 朝、礼拝すること。朝に行なう儀礼。
※漢書列伝竺桃抄(1458‐60)酈陸朱劉叔孫第一三「朝礼が此までではつるぞ」 〔国語‐越語下〕
② 学校や会社などで、始業の前に全員が集合して、あいさつ・連絡などを行なう朝の行事。朝会。
※あさくさの子供(1939)〈長谷健〉三「丁度その時朝礼の鈴がなったのである」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報