訓示(読み)クンジ

デジタル大辞泉の解説

くん‐じ【訓示】

[名](スル)上位の者が下位の者に執務上の注意などを教え示すこと。また、その言葉。「部下に訓示する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

くんじ【訓示】

( 名 ) スル
上の者が下の者に、物事や仕事をするに当たっての心得・注意などを教え示すこと。また、その言葉。 → 訓辞(補説欄)

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

くん‐じ【訓示】

〘名〙 教えすこと。また、教え示す事柄。特に、上位の者が下位の者に対して示す、執務上の指示や心得。また、その言葉。
※台記‐保延二年(1136)一〇月一一日「少歩入之時、知信、可下襲尻由を訓示也」
※大塩平八郎(1914)〈森鴎外〉一二「大切の役目だから手落のないやうにせいと云ふ訓示(クンジ)をした」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

訓示の関連情報