コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

証券仲介業制度 しょうけんちゅうかいぎょうせいど

1件 の用語解説(証券仲介業制度の意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

証券仲介業制度

投資家が証券取引を行なうことのできる場(販売チャンネル)の拡充と多様化をはかる目的でできた制度。銀行等の金融機関以外の会社や個人が、内閣総理大臣の登録を受けて、証券仲介業を営める制度。ここでいう証券仲介業とは証券会社等の委託を受けて有価証券の売買の媒介等を行なう業務を指す。この制度は、証券市場構造改革の一環として実施され、証券投資の機会増加による証券取引の普及も期待されている。しかし、あくまでも証券の売買などの仲介に限った業務であり、証券仲介業者が投資家から金銭や有価証券の預託を受けることはできない。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

証券仲介業制度の関連キーワード証券取引法保管預託実需筋証券取引委員会投資家証券外務員機関投資家(Institutional Investor)売買手数料未上場

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone