証拠方法(読み)しょうこほうほう(英語表記)Beweismittel

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

証拠方法
しょうこほうほう
Beweismittel

裁判官が一定の事実の存否を確定するための資料として,五感の作用によって取り調べることができる人または物。証人鑑定人,当事者本人 (以上3者が人的証拠人証と呼ばれる) ,文書,検証物 (以上2者が物的証拠物証と呼ばれる) の5種類が認められており,その種類により取り調べ手続を異にする。なお民事訴訟法の「弁論の全趣旨」は心証形成や擬制自白の成立の判定の際にも考慮されるが,人または物でないことから証拠方法とはならない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

しょうこほうほう【証拠方法】

裁判官が事実認定のための資料として、取り調べることの可能な人または物。証人・鑑定人・文書・検証物など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の証拠方法の言及

【証拠】より

…すなわち,証拠調べの対象である有形物,証拠調べによって認識された無形の内容,要証事実の認定の根拠となったすべての資料のいずれをも指すことがある。これらは,それぞれ,証拠方法,証拠資料,証拠原因と呼んで区別している。例えば,証人は証拠方法であり,その証言内容は証拠資料である。…

※「証拠方法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

技術書典

ITや機械工作などの技術書を専門とする同人誌の即売会。主催は、技術書の同人誌サークル「TechBooster」と技術系電子書籍専門の出版社「達人出版会」。主にコミックマーケットで取り扱われていた技術系...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

証拠方法の関連情報