コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

事実認定 じじつにんていfact-finding; Tatsachenfeststellung

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

事実認定
じじつにんてい
fact-finding; Tatsachenfeststellung

(1) 民事訴訟法上で,法律要件に該当する事実の存否を認定することをいう。民事訴訟で争われるのは権利または法律関係の存否であるが,これらは観念的な存在であり,それ自体を直接認識することはできないのでまず事実認定を行ない,認定した事実に対応する法規を適用して争いのある権利または法律関係の存否を判断する。事実認定は自由心証主義により裁判官の論理法則,経験則に従った自由な判断に任される。事実認定の対象は裁判所において当事者が自白した事実および顕著な事実以外の事実であり,認定の資料は適法に証拠調べをした証拠および弁論の全趣旨にかぎられている。 (2) 刑事訴訟法でも自由心証主義がとられているが,事実の認定は適法な証拠のみによるものとされ,特に自白の証明力に制限が設けられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

じじつ‐にんてい【事実認定】

裁判所法令を適用するにあたって、裁判の基礎となる事実の存否について判断すること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の事実認定の言及

【公判】より

…この事実をめぐり,検察官が立証(攻撃)をし,被告人・弁護人がそれに対する反証(防御)をしていく。なお,一般に,犯罪事実の存否に関する審理と情状に関する審理は段階的にくぎって進められている(事実認定,量刑)。物的証拠のうち,証拠書類は朗読により,証拠物は展示することにより,それぞれ取り調べる。…

【誤判】より

…民事,刑事の両者について,誤判が問題になるが,民事訴訟が私人の間の法的紛争の解決を目的としているのに対し,刑事訴訟は国家の関与を前提とし,しかも刑罰という重大なことがらにかかわるものであるため,誤判の影響はより深刻で,いきおい,人権の侵害にかかわってくる。さらに,法令の解釈,適用の誤りが規範的判断の誤りであるのに対し,事実認定の誤りはその判断の基礎の誤認であり,一般に〈誤判〉とは後者を指す場合が多い。そこで,以下,事実認定の側面からの〈誤った有罪判決〉を念頭におくこととする。…

※「事実認定」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

事実認定の関連キーワード津谷裕貴弁護士刺殺事件津谷弁護士刺殺事件糾問主義・糺問主義在外被爆者集団訴訟部分判決の仕組み裁判員裁判と死刑連邦取引委員会J. フランクリアリズム法学法定証拠主義簡易公判手続供述の信用性証拠裁判主義再審無罪判決独占禁止法斎藤 朔郎陪審員制度実質的証拠法律問題口頭弁論

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

事実認定の関連情報