コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

詠ずる エイズル

デジタル大辞泉の解説

えい・ずる【詠ずる】

[動サ変][文]えい・ず[サ変]
詩歌を声に出してよむ。うたう。「万葉の歌を朗々と―・ずる」
詩歌を作る。「喜びを詩に―・ずる

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

えいずる【詠ずる】

( 動サ変 ) [文] サ変 えい・ず
詩歌を作る。 「記念に一首を-・ずる」
詩歌を声にだしてよむ。吟ずる。 「朗々と-・ずる」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

詠ずるの関連キーワード妙勧寺窓明本朝無題詩斎藤利綱打ち出づ石原八束十市遠忠五山文学詠じる詠め言順流る張先狂歌読師狂詩宮詞

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android