コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

微吟 ビギン

デジタル大辞泉の解説

び‐ぎん【微吟】

[名](スル)小声で詩歌をうたうこと。
「唐詩か何か―して」〈木下尚江良人の自白

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

びぎん【微吟】

( 名 ) スル
小声で詩歌などをうたうこと。 「一詩を-す/浮城物語 竜渓

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

微吟の関連キーワード武島 羽衣清水房雄武島羽衣詩歌

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android