微吟(読み)びぎん

精選版 日本国語大辞典「微吟」の解説

び‐ぎん【微吟】

〘名〙 小さい声で詩歌をうたうこと。低くかすかに吟ずること。詩歌を口ずさむこと。
※本朝無題詩(1162‐64頃)二・賦連句〈藤原忠通〉「問声屡詠紅炉下、案韻微吟華燭頭」 〔魏文帝‐燕歌行〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「微吟」の解説

【微吟】びぎん

小声で詩歌を吟詠する。宋・林逋〔山園小梅、二首、一〕詩 幸ひに吟の相ひ狎るべきり (もち)ひず檀板(だんばん)(って拍子をとる板、まゆみの木で作る)、金を共にするを

字通「微」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android