微吟(読み)ビギン

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 小さい声で詩歌をうたうこと。低くかすかに吟ずること。詩歌を口ずさむこと。
※本朝無題詩(1162‐64頃)二・賦連句〈藤原忠通〉「問声屡詠紅炉下、案韻微吟華燭頭」 〔魏文帝‐燕歌行〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

微吟の関連情報