詠嘆法(読み)エイタンホウ

デジタル大辞泉の解説

えいたん‐ほう〔‐ハフ〕【詠嘆法】

詠嘆・感動の意味を表出する表現法。ふつう、感動詞を用いたり、平叙文助詞「な」「なあ」「よ」「か」「かな」などや、助動詞けり」を付けたりする。「ああ、すばらしい」「すごいな」「さびしかりけり」などの類。また、「お見事」などでの、一語文や、和歌などでの、一文体言止めにする手法も含まれる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

えいたんほう【詠嘆法】

感動詞や疑問の語、また詠嘆の助詞・助動詞などを用いて、深い感動を表し、詠嘆の効果を高める表現法。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

えいたん‐ほう ‥ハフ【詠嘆法】

〘名〙 深い感動を表現する修辞法。感動詞、詠嘆の助詞、助動詞を用いたり、疑問文や一語文などの形式をとったりする。〔新美辞学(1902)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android