コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

認定農業者(制度)

1件 の用語解説(認定農業者(制度)の意味・用語解説を検索)

農林水産関係用語集の解説

認定農業者(制度)

農業経営基盤強化促進法に基づく制度。経営改善を図ろうとする農業者が自ら農業経営改善計画を作成・申請し、[1]市町村の基本構想に照らして適切であり、[2]その計画の達成される見込みが確実で、[3]農用地の効率的かつ総合的な利用を図るために適切である、との基準に適合する農業者として、市町村から認定を受けた者。
認定農業者には、スーパーL・S資金等の低利融資制度農地流動化対策、担い手を支援するための基盤整備事業、農業者年金の保険料助成等の各種施策が重点的に実施されている。(⇒農業経営基盤強化促進法、農業経営改善計画、基本構想、スーパーL資金、農業者年金)

出典|農林水産省
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

認定農業者(制度)の関連キーワード基本構想(農業経営基盤強化促進基本構想)基本方針(農業経営基盤強化促進基本方針)農業経営改善計画農業経営基盤強化促進基本構想(基本構想)農業経営基盤強化促進基本方針(基本方針)農業経営基盤強化促進法(基盤強化法)農用地利用改善事業農用地利用改善団体(農業経営基盤強化促進法に基づく)利用権担い手農家

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone