コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

認識批判 にんしきひはんcritique of knowledge; Erkenntniskritik

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

認識批判
にんしきひはん
critique of knowledge; Erkenntniskritik

一般には人間の認識や認識能力に対する学問的考察吟味をいうが,歴史的には特に 18世紀のヨーロッパ哲学における形而上学の可能性をめぐる認識能力の起源,本質,限界などに対する一連の考察をさし,その代表者は J.ロックおよび I.カントといわれる。前者が認識はどのように成立しているかを事実的に問おうとしたのに対し,後者は認識がどのように成立するかを権利的に問うた。これは当時の社会の精神的基盤であった神についての理性的認識の根本を問うものとして重大な影響を及ぼし,したがって哲学とは認識批判を根底においた認識論であるとの観さえ呈し,この傾向は 20世紀初めまで持越された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

認識批判
にんしきひはん

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

認識批判の関連キーワードカント(Immanuel Kant)ヒューム(David Hume)スコットランド学派カッシーラーイギリス哲学新カント学派マレシャルドイツ哲学ガルッピヘルマン現象主義先験哲学先験主義批判哲学大西祝リード

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

認識批判の関連情報