コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

読唇術 どくしんじゅつlip-reading

翻訳|lip-reading

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

読唇術
どくしんじゅつ
lip-reading

読話術ともいう。の不自由な人が他人の言語を受ける方法として,相手の口の運動や状を観察して,その発言の内容を知る方法。口話法の一つで,聾唖教育の言語指導法とされている。この方法は相手の背後からや,暗いところではできないが,熟練すれば,日常会話には不自由しなくなる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

読唇術【どくしんじゅつ】

聾者のコミュニケーションのための方法の一つ。相手の唇(くちびる),顎(あご),舌,喉(のど)などの動き,特に唇の動きから話された言葉を理解する方法で,聾教育の方法としては口話法の中心となる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

どくしんじゅつ【読唇術】

聴覚障害者などが、相手のくちびるの動かし方を見て、相手の言葉を理解する技術。読唇法。 → 読話

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

読唇術の関連キーワードリップリーディング手話法聾者読話

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android