コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シン

デジタル大辞泉の解説

しん【×讖】

未来の吉凶禍福を推測して説くこと。予言。また、その記録。

しん【讖】[漢字項目]

[音]シン(呉)(漢)
予言。予言書。「讖緯讖書/図讖(としん)」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しん【讖】

未来の禍福吉凶を説くこと。予言。また、それを記したもの。未来記。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のの言及

【讖緯説】より

経書の解釈に仮託した予言的な学説をいう。讖とは〈詭(いつわ)って隠語をつくり,予(あらかじ)め吉凶を決する〉ことで,一種の未来記,予言説である。図(と)また図讖とも呼ばれる。…

※「讖」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

讖の関連キーワード大方等大集経鄒衍・騶衍般舟三昧経大般涅槃経災異思想支婁迦讖中原師緒日本世記金光明経三善清行陰陽五行甲子革令辛酉革命大集経大雲寺道せん薛懐義讖緯説涅槃宗悲華経

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android