コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

谷口維紹 たにぐちただつぐ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

谷口維紹
たにぐちただつぐ

[生]1948.1.1. 和歌山,清水
分子免疫学者。 1971年東京教育大学 (現・筑波大学) 卒業。 1972年イタリアのナポリ大学海洋研究所,1974年にはスイスのチューリヒ大学分子生物学研究所に留学。 1978年の帰国後,癌研究会癌研究所の生化学部研究員となり,1983年には同研究所生化学部長,1984年には大阪大学細胞工学センター教授に就任。外来の異物に対する抵抗力を体細胞に付与するサイトカインの1つであるヒトβインターフェロン,T細胞の増殖を促すヒト・インターロイキン 2の遺伝子における塩基配列の決定,およびクローニングに成功し,免疫科学に貢献,癌やその他の疾患の免疫療法の可能性を開く「分子免疫学」の領域を開拓した。 1988年にベーリング・北里賞と朝日賞を,1991年にはローベルト・コッホ賞を受賞。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

谷口維紹 たにぐち-ただつぐ

1948- 昭和後期-平成時代の分子生物学者。
昭和23年1月1日生まれ。癌研究会癌研究所生化学部長をへて,昭和59年阪大教授,平成7年東大教授。世界ではじめてインターフェロン-ベータ,インターロイキン2の遺伝子の分離と構造の解明に成功。分子免疫学の領域をきりひらいた。12年学士院賞。15年全米科学アカデミー外国人会員。21年文化功労者。和歌山県出身。東京教育大卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

谷口維紹の関連キーワード筑波大学体細胞

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android