コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

谷和原 やわら

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

谷和原
やわら

茨城県南部,つくばみらい市西部の旧村域。小貝川左岸に位置する。つくば市と常総市に接する。 1955年谷原村,十和村,福岡村,小絹村の4村が合体して発足。 2006年伊奈町と合体してつくばみらい市となった。農業が主産業で,米作,蔬菜栽培などが行なわれる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

谷和原
やわら

茨城県南部、筑波(つくば)郡にあった旧村名(谷和原村(むら))。現在はつくばみらい市の西部を占める地域。1955年(昭和30)十和(じゅうわ)、福岡(ふくおか)、谷原(やわら)、小絹(こきぬ)の4村が合併して谷和原村となる。2006年(平成18)同郡伊奈(いな)町と合併して市制施行、つくばみらい市となった。旧村域は小貝(こかい)川流域低地が広く、筑波台地と北相馬(きたそうま)台地の一部がある。常磐(じょうばん)自動車道の谷和原インターチェンジがあり、国道294号、354号、つくばエクスプレス、関東鉄道常総線が通じる。江戸時代に関東代官頭(だいかんがしら)伊奈忠治(いなただはる)の治水事業で小貝川に福岡堰(せき)ができ水田が開かれた。米のほか、トマト、キュウリなどの施設園芸、ミツバ栽培が盛んで、花卉(かき)、果樹、畜産などとの複合経営が増えた。都心に近く、谷和原インターチェンジ建設(1981)、住宅・都市整備公団(現、都市再生機構)の絹の台団地造成(1989)により、農機具、住宅、機械などの工場や住宅地が増加した。西丸山祈祷(きとう)ばやしは県指定文化財。[櫻井明俊]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

谷和原の関連キーワード茨城県つくばみらい市つくばみらい(市)つくばみらい[市]谷和原[村]守谷(市)伊奈[町]中川 佐平常総(市)筑波未来中川佐平水海道

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

谷和原の関連情報