コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

谷和原 やわら

2件 の用語解説(谷和原の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

谷和原
やわら

茨城県南部,つくばみらい市西部の旧村域。小貝川左岸に位置する。つくば市と常総市に接する。 1955年谷原村,十和村,福岡村,小絹村の4村が合体して発足。 2006年伊奈町と合体してつくばみらい市となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

谷和原
やわら

茨城県南部、筑波(つくば)郡にあった旧村名(谷和原村(むら))。現在はつくばみらい市の西部を占める地域。1955年(昭和30)十和(じゅうわ)、福岡(ふくおか)、谷原(やわら)、小絹(こきぬ)の4村が合併して谷和原村となる。2006年(平成18)同郡伊奈(いな)町と合併して市制施行、つくばみらい市となった。旧村域は小貝(こかい)川流域低地が広く、筑波台地と北相馬(きたそうま)台地の一部がある。常磐(じょうばん)自動車道の谷和原インターチェンジがあり、国道294号、354号、つくばエクスプレス、関東鉄道常総線が通じる。江戸時代に関東代官頭(だいかんがしら)伊奈忠治(いなただはる)の治水事業で小貝川に福岡堰(せき)ができ水田が開かれた。米のほか、トマト、キュウリなどの施設園芸、ミツバ栽培が盛んで、花卉(かき)、果樹、畜産などとの複合経営が増えた。都心に近く、谷和原インターチェンジ建設(1981)、住宅・都市整備公団(現、都市再生機構)の絹の台団地造成(1989)により、農機具、住宅、機械などの工場や住宅地が増加した。西丸山祈祷(きとう)ばやしは県指定文化財。[櫻井明俊]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

谷和原の関連キーワード茨城県つくばみらい市青木茨城県つくばみらい市台茨城県つくばみらい市西楢戸茨城県つくばみらい市西ノ台茨城県つくばみらい市西ノ台南茨城県つくばみらい市西丸山茨城県つくばみらい市福田茨城県つくばみらい市南茨城県つくばみらい市南太田茨城県つくばみらい市箕輪

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

谷和原の関連情報