つくば市(読み)つくば

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

つくば〔市〕
つくば

茨城県南西部,土浦市西隣の市。 1987年大穂,谷田部豊里の3町と桜村が合体して市制。 88年筑波町,2002年茎崎町を編入。中心は筑波研究学園都市。研究学園都市の建設に伴い,過密化した東京都から多くの研究機関が移転,急速に都市化された。市の北部に筑波山があり,観光客が多い。史跡に小田城跡,平沢官衙 (ひらさわかんが) 遺跡,重要文化財に大塚家住宅,筑波山神社の太刀などがある。国道 125号線,354号線,408号線が通り,南部に常磐自動車道インターチェンジがある。一帯は水郷筑波国定公園に属する。面積 283.72km2。人口 22万6963(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

つくば市の関連情報